パーソルプロセス&テクノロジー

PERSOL

PERSOL PROCESS &
TECHNOLOGY

MEMBER
Itou Kohki

「人のために」
変える“シゴト”。

1年目から難しいプロジェクトに挑戦。
悔しさをバネにコンサルタントとしての経験を磨く。

伊藤 光希
コンサルティングコース

伊藤 光希

2018年 新卒入社 慶応義塾大学 文学部

内定当時のインタビューより

就職活動初期から見ていたのは主にベンチャー的組織。インターンの選考を受けた際、いわゆる「日系大企業」は面接の手法が非常に形式的で、もし合格しても自分でなくても変わらないと感じました。ベンチャー的組織の方が人間をしっかり見ている感覚があり、自分だからこその価値発揮を求められるだけに自己成長が早いと判断しました。外資の経営コンサルも受けていましたが、どんな業界、プロジェクトで自身のキャリアを積むのかが見えづらいこと、また、「数字」で成果を追うことに自分自身納得感があるのか、と考えた際に違和感を持ち、選考途中ですべて辞退しました。その後あらためて自己分析をした結果、成果が人の幸せに直結する仕事、また、論理だけでなく感情面でのアプローチも磨いていきたいことが明確になり、就活を始めたころから漠然と憧れを抱いていた「人事コンサル」こそ自分の進みたい道であると就活終盤期で確信したのです。
自分が今までやりがいを持ってやってきたこと、社会に出てはたらく上でのやりがい、この二つに繋がりを持たせて考えられるようになり、働くことへのワクワク感が持てるようになりました。

入社後、現在の仕事内容を教えてください

採用コンサルタントとして、お客様先に常駐して採用活動に関するご支援を行っています。
つい先日まで行っていたのは、ある教育機関における中途採用のご支援。組織変革のために既存の風土に風穴を開けられるような人材を異業界から採用したいが、これまでに採用したことのない人材であるため、どのような人物要件を定義すべきなのか、面接でどのようにすれば見極められるのかといった点でお声がけをいただきました。
ますはステークホルダーの皆様にヒアリングをし、まずは必要なポータブルスキルを設定。まったく文化の異なる一般企業からの転職となる可能性が高いため、どのようなスタンスで仕事しているか、チームを統率する能力があるかなど、職場環境に依存せず発揮すべきスキルをまとめました。さらに、そこに専門的なスキルを持っているかどうかの視点も加えて、面接時の見極めポイントを設定し、実際に面接時に使用するチェックシートを作成。面接フェーズに入ってからは、実際に面接にも同席させていただきながら、実は異業界からの転職は必須ではないのでは?といった点にも切り込みつつ、最終的には募集しているポジションすべてを採用することができました。

仕事のやりがいを教えてください

役割を持ち、責任感を持って目標に向かって取り組むことに奮い立つタイプなので、組織風土を変革する重要な人材を採用するためにコンサルタントとして取り組み、実際に成果につながった時にやりがいを感じました。
特に、このプロジェクトは中途採用のご支援ということで、新卒1年目の自分としては分からない点も多かったのですが、マネジャーに「こういう風に進めたいと思うのですがどうでしょう」と相談をしながら進めていました。マネジャーにとっても初めてとなる進め方だったようで「やったことがない方法だけど挑戦してみよう」と言ってもらい、サポートしてもらいながら進めることができました。明確な解や毎回この通りにやればいいという型はなく、毎回自分で考えて作り出していかなければならない、コンサルティングという仕事の難しさと面白さを感じました。
皆さんにお話をお伺いした内容をもとに面接評価シートができた時。それをもとに皆さんが行う面接の進め方を調整した時。一つ一つは小さな成果かもしれませんが、その積み重ねで採用という大きな成果につながったと思います。

これからの目標を教えてください

1年目としてはすごく良い経験をさせていただいている実感があるのですが、悔しいところもありました。
本来、ワークスイッチコンサルティングでは1年目から1人でコンサルタントとしてプロジェクトを担当します。先輩社員の話を聞くと、みなさん「初めてのプロジェクトは、大変だったけどなんとか1人でやり切った」とおっしゃるので、自分も同じように最初から1人で頑張るものだと思っていましたが、今回のプロジェクトは中途採用案件ということもあり、自分1人ではうまく進められず、マネジャーの方にフォローをしてもらいながらやり切る結果となりました。
次の目標としては、2年目には必ず1人でプロジェクトにアサインされるようになりたいです。そのためには、知識に関するインプットをしっかりこなして、一緒に働いている優秀な先輩方から信頼されてアサインしてもらえるような人間になりたいです。
また自分的には「誰のために」努力するのかということも重要なポイント。将来的には、パーソルプロセス&テクノロジーのための採用コンサルティングができるような人材になれるよう、自身の経験を積んでいけたらと思います。

プライベート

入社後半年間は、パーソルプロセス&テクノロジーの新卒採用グループで採用を経験しました。写真はその時の打ち上げで社長の横道さんと一緒に撮った1枚です。

MEMBERS

JOIN OUR TEAM