パーソルプロセス&テクノロジー

PERSOL

PERSOL PROCESS &
TECHNOLOGY


Hirano Yuka

「基幹システム管理」
で変える“シゴト”。

文系&プログラミング未経験から、エンジニアに挑戦。

平野 優香
エンジニアリング&テクノロジーコース

平野 優香

2020年 新卒入社 立教大学 文学部

基幹システムや求人サイトのインフラ運用管理業務を通じて、パーソルグループの雇用創出活動に貢献。

内定当時のインタビューより

私は「自立」ができる人間になりたいと考えています。経済的な面での自立はもちろん、その先の精神的な自立も含めて、周囲の人から信頼されたり頼られたりしているのはもちろん、自分でも自分自身を信頼し、頼ることができるようなイメージです。
そのために必要なことは、「自分で決断し、後悔しないよう努力すること」だと考えています。自分がチャレンジしたことを良い結果に繋げられるかは努力次第ですし、もし上手くいかなかったとしても自分で納得できるほど努力したと思えたら幸せだと思います。文系の私がエンジニアとして通用するのか不安も無くはありませんが、それ以上に自分が知らないことを知って、今はまだ持っていないスキルや新たな技術を身に付けて、自分のイメージする「自立」という目標に向けて成長していけることは楽しみでもあります。エンジニアになると決断したことも、パーソルプロセス&テクノロジーを選んだことも、私の決断です。自分の決断に後悔しないようにチャレンジして、この先の時代で求められるような社会人、市場価値の高い人になりたいです。

グループ各社が使う基幹システムの運用管理を担当。

パーソルグループ各社が使う基幹システムと派遣webサイトのインフラ運用管理業務に携わっています。基幹システムとは、勤怠管理など会社の業務内容と直接関わるシステムのことです。派遣サイトについては、求職者の方からのエントリーを受け付けて、応募に関わる情報を安全にお預かりできる環境を守っていくのがミッションとなります。
具体的な業務内容は、新規参画者の方のためのアカウント発行やアクセス権限の付与、対象サーバ内への指定ファイルの配置などです。ここまでが定型の業務で、最近はデータベースの刷新プロジェクトにも参加しており、私は安全にデータベースを移行するためのテスト環境の構築やセキュリティシステムの構築を担当しています。既存のシステムから取得したデータをテスト環境内で再現して、正常に稼働するかを繰り返し検証します。分からないこともまだありますが、先輩に指導いただきながらエンジニアとして着実に成長できている実感があります。

学ぶことの楽しさに気づけたのは、エンジニアになったから。

文系出身で、プログラミングはまったくの未経験からの挑戦でした。入社前は文系の私がエンジニアとしてやっていけるのか不安でしたが、同期には私と同じく未経験からエンジニアに挑戦する人もおり、先輩に相談すると、質問内容によっては1時間ほどかけてマンツーマンで解説していただくこともあり、安心してはたらくことができています。
学びをサポートしていただける環境もあって、壁にぶつかるたびに知識を吸収して、出来ることがどんどん増えていくのがやりがいです。業務を通じて、着実にステップアップしている手ごたえが得られるのが楽しいです。
最近は、プロジェクトで関わることが増えたデータベース関連の知識や上司からお勧めいただいているLinuxに関する資格について、個人的に勉強しています。いまのところ、文系だから出来ないと感じたことはほとんどないので、今後もこの調子で学びを楽しんでいきたいと思います。

進みたい道は未定。でも、いますべきことは明確です。

サーバーに障害が起こると、サービス利用者の方にご迷惑をおかけすることになり、たとえ数分の停止でも会社に大きな損害が出てしまいます。そのため、作業はすべて作業者と確認者にわかれて2名体制で、ダブルチェックを行いながら進めています。入社から半年で、作業者としての定型業務は自信をもって対応できるようになり、現在は確認者としてチェックできるレベルを目指して取り組んでいます。
配属先では、習熟次第で、インフラやセキュリティなど幅広い領域の仕事に関わることが可能です。この機会を活かして、新人のうちに知識を吸収し、より興味のもてる分野を見つけて専門性を突き詰めていきたいと考えています。
将来的にはリーダーやプロジェクトマネジャーのような立場になって、一つの案件を立ち上げからクローズまで完結できるようになるのが目標です。障害対応など、イレギュラーな業務に対応できる力も身に着けたいです。入社のきっかけになった言葉「はたらいて、笑おう。」の実現に向けて、これからもインフラの観点から、社会のサポートができればと思います。

MY ONE WEEK

  1. MONDAY

    スケジュールやメール確認から1日がスタート。いくつか対応依頼が入っていたので、締め切り時間を確認しながら優先順位をつけて作業開始。

  2. TUESDAY

    今日はリモート勤務。対応依頼の合間に、プロジェクトで任されているデータベース移行の作業にも着手します。

  3. WEDNESDAY

    めずらしく、急な対応が立て続けに入って朝からバタバタ。新しく依頼された業務について、先輩に手順などを教えていただきました。

  4. THURSDAY

    昨日教えてもらった件の作業を進めます。わからない点を何度か質問しながら、なんとか一区切りつくところまでは作業が完了。

  5. FRIDAY

    セキュリティに関する作業を進めます。何度か携わったことのある業務だったので、先輩に確認してもらいながら自力で完結させることができました。

  6. SATURDAY

    友人とごはんにいったり、遊びに出かけたり。アクティブな1日。友人と予定を合わせて、いっしょにクッキングスクールに参加することもあります。

  7. SUNDAY

    お昼くらいまでたっぷり睡眠。資格の勉強をしつつ、月曜に備えて徐々に仕事モードに気持ちを切り替えます。

プライベート

学生時代は1~4年生まで、ずっとパン屋さんで働いていました。写真は友人とクッキングスクールにいったときのものです。途中は苦戦しましたが、おいしく焼きあがって大満足でした。次はケーキに挑戦する予定です。

MEMBERS

JOIN OUR TEAM