下川 雄高

Member's
Voice

はたらくのカタチを、
「ワクワク」 で変えていく。

高い技術とコミュニケーション能力で、まだ世の中にないワクワクを。

ビジネスエンジニアリングコース

[ インフラエンジニア部門 ]

下川 雄高
Shimokawa Yutaka

2016年 新卒入社

青山学院大学
経営学部 経営学科

クライアントと一つのチームとなり、エンドユーザーの課題を解決していく。

クライアントと一つのチームとなり、エンドユーザーの課題を解決していく。

現在、Splunk(スプランク)というビッグデータ解析ソフトを扱うインフラエンジニアとして仕事をしています。Splunkとは、エンドユーザーがビジネスを行う上で日々蓄積される膨大なデータを掛け合わせ、分析できる統合データプラットフォームのこと。今まで見えなかった新たな価値を見つけ出すことができるため、日本でも導入する企業が増え始めています。私たちのプロジェクトは、エンドユーザー環境へのSplunkシステム導入に必要な要件定義・設計・構築・試験・保守など一連の工程を行っています。エンドユーザーへの営業・要件定義など最初のコンサル面をクライアント、設計・構築・保守といった技術面を私たち、という分担をしながら、繁忙期には2-3社のエンドユーザーの導入支援を平行して行います。クライアントからは、高い専門性を身に着け案件の品質向上をしていくだけでなく、得たナレッジの共有や業務自動化プログラムの作成等、アウトプットを積極的に行い業務効率を向上させる仕組み創り「プロセスデザイン」の側面も期待されています。

高い技術を身に着け、多くの方と出会うワクワク。

高い技術を身に着け、多くの方と出会うワクワク。

私は学生時代文系で入社するまでITに関する知識はほぼありませんでしたが、この先世の中から求められる人間になりたい、という想いから入社を決めました。実際に経験を積んだ今、「技術面に関しては君に任せる」とクライアントから信頼され若いうちからレベルの高い仕事をたくさん経験させてもえることが、私の何よりのやりがいです。お客様に言われて嬉しかった事は「社会人になるまでITに関しての知識が無かった人とはとても思えない。一緒に仕事をしていてとても助かりました。」と言われたこと。また、クライアントから「下川さんと一緒に仕事をしていると安心する」と言っていただける事も非常に嬉しいです。
この仕事を始めてみて、エンジニアも高いコミュニケーション能力がないとやっていけないのだということがわかりました。技術も営業もできないと、お客様から信頼を得ることはできません。多くのお客様と出会い、経営課題や技術面、プライベートまでいろいろな話をすることは私にとってとても刺激的で、ワクワクすることです。

Splunkの持つ可能性をもっともっと広げていく、そんな存在になりたい。

Splunkの持つ可能性をもっともっと広げていく、そんな存在になりたい。

私の直近の夢は、Splunkを含む様々なITの専門的知識及び、マネジメントスキルを身に着け、Splunkを用いた顧客の課題解決において、顧客にとって本当に必要なシステムとは何か、ともに考え導けるITコンサルタントになることです。Splunkは活用次第でなんでも実現できる、まだ世の中にない使い方さえできるシステム。私は文系出身ですが、知識のベースがないからこそ、可能性にふたをせず「こんなことができるんじゃないか」と考えられることは逆に強みでもあると思うようになりました。どう活用すればお客様にとってベストなのか、考えている時はワクワクします。
また、最近Splunkに関する資格を取得したことでSplunk本社よりイベントに招待いただき、オーストラリアのシドニーに出張してきました。Splunkの新たな活用事例、最新技術の英語によるプレゼンテーションやアジア全域のエンジニアとの交流など、とにかく刺激的な3日間でした。世界中のエンジニアと話をして感じたのは、皆さん仕事もプライベートも全力で楽しみ、とにかくパワフルだということ。私もエンジニアとして自分自身を高め、より自由に「はたらくのカタチを変えていく」存在になりたいと感じました。また、Splunkの海外の事例では、機械学習を組み合わせてのデータ活用が増えつつあるとのこと。私もプライベートで機械学習、英語の勉強を始めました。いずれはディープラーニングを用いたソリューションにも挑戦してみたいです。

下川 雄高

1日のスケジュール

9:30
クライアント先に出勤。
A社の検証作業を行いながら、エンドユーザーとの専用チャットからのお問い合わせに随時対応。
11:30
B社の検証作業。チャットでの対応も随時継続。
12:30
ランチ。クライアントと一緒に外に出ることが多いです。
13:30
クライアントとの営業同行のため移動。
14:00
エンドユーザーのもとへ。Splunkによる課題解決のリアルな他社事例をお話する。
15:00
移動
15:30
C社の運用手順書の作成。専用チャットでのコミュニケーションも随時。
18:00
帰宅

休日の過ごし方

大学時代の友達とライブをしている時の画像です。
社会人になった後も、趣味で時々集まって好きな曲を演奏しています。

大学時代の友達とライブをしている時の画像です。<br />
社会人になった後も、趣味で時々集まって好きな曲を演奏しています。

Member's Voice

社員一人ひとりのはたらくのカタチ。

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて