上田 航平

Fresher's
Voice

はたらくのカタチを、
「専門性の追求」 で変えていく。

革新的な技術を身に付け、プロジェクトの中核を担う人材に成長したい。

エンジニアリング&テクノロジーコース

上田 航平
Ueda Kouhei

学習院大学
経済学部

Q就職活動について教えてください

A

就職活動を開始した当初は「人の力を高めることで社会全体に貢献したい」と考えていたので、人事や教育に関連する企業や教育機関の選考を受けていました。しかし、エントリーシートや面接で志望動機を述べる際にスムーズに言葉が出てこないことが多くなり、次第に「志望企業に自分の動機を無理やり合わせているかのではないか」と感じるようになりました。
私は大学時代にサークルやゼミでリーダーを務めたことで「人の力を高めること」に興味を持ちましたが、自分がそれらの組織でどのように貢献したかを思い返してみると、誰かにアドバイスをするというよりも、グループ内のシステムや環境を変えることでメンバーの活動を盛り上げていたことに思い当たりました。たとえば声優のイベントを企画するサークルでは、企画・運営におけるすべての業務を洗い出し、各自に最適な仕事が行きわたる環境を作ることで、参加者全員が高い意欲を持って活動できる体制を作りました。私が本当にやりたかったこと、得意としていたことは「物事の仕組みを変えて、人の生産性を高める」ことであると再認識したことで、就職活動における本当の軸ができました。

就職活動について教えてください

Q入社を決めた理由を教えてください

A

「物事の仕組みを変えることで人の生産性を高める」ことを就活の軸に据えてからは、ITやコンサルティング業界の企業を中心に就職先を検討するようになりました。大学で経済学を学んでいたこともあり、「低迷する日本経済を何とかしたい」という思いも持っていたのですが、ITは教育分野よりもさらに広い範囲で人々の働き方を効率化できる可能性があると考えたのです。
数あるIT企業の中からパーソルプロセス&テクノロジーを選んだ理由は、まず一つにはビジネスの対象や携われる技術・業務の領域が広かったことが挙げられます。システムの開発だけでなく、ITを切り口としたコンサルティングまで幅広く手がけているため、自分の興味・得意分野に応じて多様なキャリアを築ける環境があると感じたのです。
また、選考を通じて出会った社員の方々が、ここでキャリアを築くことにやりがいを感じ、仕事やプライベートを存分に楽しんでいる様子が伝わってきたことも大きかったと思います。社員の方々の雰囲気や働き方を見ても、グループのビジョンである「はたらいて、笑おう。」という言葉に嘘偽りがなく、素直に共感できたことが最後の決め手になったと思います。

入社を決めた理由を教えてください

Q将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

A

革新的な技術、高度な専門性を身につけることで、日本の生産性を大きく向上させるようなビジネスに携わりたいと考えています。現在の日本企業は、諸外国に比べて大きく低迷している生産性が問題視されていますが、パーソルプロセス&テクノロジーは、IT技術を用いてそうした課題をダイレクトに解決するプロジェクトを多数手がけています。私自身も常に学び続け、専門性を追求していくことで、そのようなプロジェクトの中核を担える人材に成長していくつもりです。大学では統計学やデータサイエンスの重要性についても学んでいたため、まずはビッグデータ関連の技術を身につけたいと考えていますが、市場動向を考慮しつつ、自分が必要とされている分野や力を活かせる分野に対して積極的にチャレンジしていきたいですね。
これまでの学生生活の中でも、一つのことに熱中して専門性を高め、周囲から頼りにされることに充実感を感じることが多かったので、社会人一年目から着実に自己研鑽を重ねることで、周囲の人たちや社会から必要とされる人間になりたいと思っています。

将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

学生生活のワンシーン

大学時代は友人たちとデザートビュッフェ通いにハマっていました。
甘いものに目がないので、普段から1日1個はスイーツを食べています。

上田 航平

Fresher's Voice

内定者・新卒若手社員を紹介します

内定者

新卒若手社員

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて