田中 譲治

Fresher's
Voice

はたらくのカタチを、
「確かな技術」 で変えていく。

技術力と幅広い視野を身につけ、人々が快適に働ける環境を作る。

エンジニアリング&テクノロジーコース

田中 譲治
Tanaka Jyouji

慶應義塾大学
総合政策学部

Q就職活動について教えてください

A

大学3年のときに学内情報のWebメディアを制作するサークルの代表となったり、アルバイトにも力を入れていたこともあったりして、就職活動を始めたタイミングは周りの学生よりも遅かったと思います。最初のうちは業界研究をせずに金融や人材、メディア、広告代理店といったさまざまな業界の企業を見ていましたが、4年生になる頃には「人々が快適に働ける環境を作ること」が自分のやりたいことであると自覚するようになりました。
Webメディアのサークルに在籍していた当時、編集長の校正業務に負担がかかり過ぎている状態が問題になったことがありました。そこで、代表である私が中心となって統一表記やマニュアルを制作することで校正担当者の数を増やし、「編集長の業務を削減した」という体験を経ていたことが大きかったのだと思います。ITシステムを活用することで業務の効率化ができるのであれば、もっと多くの人々の働く環境をより良いものに変えられると考え、就活の後半ではIT系の企業を中心に就職先を検討するようになりました。

就職活動について教えてください

Q入社を決めた理由を教えてください

A

さまざまなIT企業の選考を受ける中でパーソルプロセス&テクノロジーの存在を知ったのですが、私が就活の軸としていた「人々が快適に働ける環境を作ること」という考え方は、最終的にはパーソルグループが掲げている「はたらいて、笑おう。」という言葉につながるのではないかと思いました。
また、選考中はもちろん、内定をいただいた後も多くの社員の方々とお話をする機会がありました。私はエンジニアとしての経験を積んだ後、そこで得た技術力を活かしてマネジメントやコンサルティングにもチャレンジしたいと考えていたので、社員の方々にキャリアに関する質問を投げかけることが多かったのですが、「キャリアチャレンジ制度などを活用することで、パーソルプロセス&テクノロジーやパーソルグループが展開する幅広い事業の中から希望するキャリアを選択できる」と丁寧に教えていただけました。社員一人ひとりがやりたいことにチャレンジできる制度があり、自分の可能性を試すことができる多様なフィールドが広がっていることは、私にとっては何よりも魅力的に感じられました。

入社を決めた理由を教えてください

Q将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

A

エンジニアとして確かな技術を身につけ、自分の構築したシステムやプランでクライアントを満足させられるようになることが第一の目標です。具体的な技術分野、サービス領域についてはイメージできていませんが、どんな分野に関わるとしても、お客さまから「業務効率や働く環境が変わった」と思ってもらえるような仕事ができるエンジニアになりたいと考えています。文系出身なので、まずは技術と実務経験を積むことを優先したいですね。
また、エンジニアとしての技術を身につけて実績を積んだ後は、マネジメントやコンサルティングに挑戦し、プロジェクトをリードする立場でより多くの人々に影響を与えるような仕事をしたいと思っています。そして最終的には、自分の専門性に自信を持ちつつも、幅広い視野から多角的な提案ができる人材として活躍し、人々の働き方や社会のあり方を変えいけるような存在になることが目標です。技術や専門性を磨きながら多くの人々の考え方に触れることで、自分が理想とする人物像に少しでも早く近づきたいと考えています。

将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

学生生活のワンシーン

幼い頃から音楽やミュージカルが大好きでした。
写真は劇団四季のミュージカルを鑑賞した後に撮影した一枚。
感動と興奮が止まりませんでした。

田中 譲治

Fresher's Voice

内定者・新卒若手社員を紹介します

内定者

新卒若手社員

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて