新地 真樹子

Fresher's
Voice

はたらくのカタチを、
「未知なる領域への好奇心」 で変えていく。

自分が手掛けるシステムを通して、多くの人の役に立ちたい。

エンジニアリング&テクノロジーコース

新地 真樹子
Shinchi Makiko

法政大学
社会学部

Q就職活動について教えてください

A

もともと、インテリアや建築を見ることや、ものを作ることが好きでした。就活初期は、軸も考えず「家を作る仕事に関わりたい」という気持ちで、住宅メーカーを受けていました。しかし文系の場合、家を作る仕事には直接関わることのない営業職の募集がほとんどです。当初は受け入れていたものの、就活を進めるうちに「ものづくり」に関われないことへの違和感が大きくなってきました。そこで改めて、自分がどんな時に仕事の喜びを感じるのかを考えてみたのです。その結果、「ものづくり」の他に、「自己成長」「人のため」という軸が定まりました。
それから就活を仕切り直し、色んな業界を見ていく中で、IT業界に魅力を感じるようになりました。その理由は、文系でもシステムを作る仕事にチャレンジできること、日進月歩の領域で新たな技術を身に付けて成長できること、そして作ったシステムを通して多くの人に貢献できることから、就活の軸に合っていると思ったからです。また、大学の授業でhtmlやJavaを少しだけ学ぶ機会があり、その時に楽しさを感じたことも思い出しました。そこで、IT業界に絞って就活を行うようになりました。

就職活動について教えてください

Q入社を決めた理由を教えてください

A

パーソルプロセス&テクノロジーを初めて知ったのは、合同説明会です。ブースに掲げられていた「はたらいて、笑おう。」に共感して、会社説明を聞いてみたいと思いました。選考中、たくさんの社員の方に会い、お話しする機会がありましたが、どの社員の方も意志を持って自分のやりたい仕事に挑戦し、自由に、そして誇りを持って働いていることが伝わってきました。また、そんな社員の挑戦を後押しするような制度や環境があることにも惹かれ、入社の意思がどんどん強くなっていきました。
事業としての魅力も感じました。パーソルプロセス&テクノロジーでは、幅広い業界・業種のお客様と取引があり、多くのプロジェクトが進行しています。エンジニアとして技術を磨くことで、そうした多くのお客様の課題解決に役立つことができると思いました。このように、人の面でも事業の面でも、私の軸にしっかりとマッチしたのが、パーソルプロセス&テクノロジーだったのです。そのため、他社でも選考が進んでいましたが、パーソルプロセス&テクノロジーに内定を頂いたタイミングで迷わず入社を決め、就活を終えました。

入社を決めた理由を教えてください

Q将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

A

パーソルプロセス&テクノロジーの選考で、「まさに私の理想とする社会人だ」と思える社員の方に出会いました。入社10年以上のベテラン社員の方で、文系出身でIT業界はゼロからの挑戦だったそうですが、今では高い成果を上げていらっしゃるということでした。その方のすごいところは、技術力と人間力の両方を併せ持っているところです。エンジニアとして優れた実績を上げるだけではなく、周囲に信頼される人間力と視野の広さがあり、学生の私たちにも話しやすい雰囲気を作るよう気を配ってくださったことをおぼえています。私も技術力と人間力を磨いて、その方に近づけるよう努力していきたいです。
そして、パーソルプロセス&テクノロジーで働くからには、同じ仕事を繰り返すのではなく、未知なることにも果敢にチャレンジし、成長をずっと楽しんでいきたいです。もちろん仕事をする以上、自分だけが楽しむというわけにはいきません。私が手掛けるシステムを通して、お客様の事業を支えると共に、「はたらいて、笑おう。」を多くの方に実感していただくことが目標です。

将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

学生生活のワンシーン

学生時代は旅行三昧でした。国内のゲストハウスに泊まるのが好きです。
他の宿泊者やオーナーと話したり一緒にご飯を食べたりして、非日常感を味わうことができました。

新地 真樹子

Fresher's Voice

内定者・新卒若手社員を紹介します

内定者

新卒若手社員

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて