清水 真帆

Fresher's
Voice

はたらくのカタチを、
「多様な観点」 で変えていく。

こだわりを捨てて、広がった可能性。異文化に触れたからこその課題意識とは

エンジニアリング&テクノロジーコース

清水 真帆
Shimizu Maho

法政大学
経済学部

Q就職活動について教えてください

A

就職活動を始めた頃は、商品開発やマーケティングに興味があり、化粧品、食品メーカーといった大手企業ばかりを受けていました。これは、大学2年生の時に受講した経営学部の授業が非常に面白く、商品開発の仕事に憧れの気持ちを抱いていたためです。しかし現実は厳しく、新卒から商品開発を経験できる企業はほとんどありませんでした。また、私は大学3年生の頃から海外留学をしており、その関係で就活をスタートする時期が遅くなったこともあり、就職活動は難航しました。
壁にぶつかり希望を失いかけた時、こだわりを一旦捨てて、自分が本当に何をしたいのかを問い直してみました。そこで見えてきたのは、「若いうちから専門性を磨いてスペシャリストとして活躍したい」という強い気持ちでした。こうした観点で、改めて視点を変えて就職活動を行いました。

就職活動について教えてください

Q入社を決めた理由を教えてください

A

「はたらくのカタチを、変えていく。」というメッセージに共感したこと、面接や面談等でお会いした社員の方々の価値観に共感し、一緒に働きたいと思ったことが入社の決め手でした。私は、女性や外国人労働者の働く環境に問題意識を持っており、パーソルプロセス&テクノロジーが、「組織」だけではなく、「個人」の成長創造を目指していることを知り、女性や外国人といった「個」に焦点を当てた労働環境の改善にも取り組めるかもしれないと思いました。
また、選考を通して「人」を大切にする企業風土を感じました。先輩社員とお話をした時に、キャリアについて相談に乗っていただいたり、エンジニアの仕事について丁寧に教えていただいたことが印象に残っています。また、私は専門性を磨くためにエンジニアを希望していたのですが、プログラミングは未経験でした。しかし面接官より、「清水さん自身が納得してエンジニアという進路を選択するためにも、プログラミングに触れてから決めて欲しい」と、提案をいただきました。自分で確かめて決断する、そんな提案をしてくれた会社は他にはなく、個人の意思を尊重してくれる会社だと感じ、入社を決意しました。

入社を決めた理由を教えてください

Q将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

A

パーソルプロセス&テクノロジーで働くことで、あらゆる業界で「はたらくのカタチ」を改善し、日本の労働生産性の向上に貢献したいと考えています。イギリスとアメリカに留学した時に、多様な生徒が集まりながらも効率良く議論を進め、日本で感じたことのないようなスピードで物事が決まっていくことに驚きました。また、家事や育児も女性だけが担うのではなく、夫婦で自然と助け合っている姿を見て、日本の働き方に危機感を抱きました。パーソルプロセス&テクノロジーであれば、この大きな課題に挑んで行けると思っています。また、女性や外国人労働者にスポットを当てた労働環境の改善にも取り組んでいきたいと考えています。私は、困難に直面したり、周囲から頼られたり期待されたりするほど、力を発揮できるタイプのため、やりたい仕事を手掛けるためにも、まずはエンジニアとして新しい知識や情報をどんどん吸収して、難しいことにも挑戦していきたいと考えています。

将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

学生生活のワンシーン

世界のいろいろな国に行き、異文化に触れることが好きです。この写真は、メキシコのテオティワカン遺跡を訪れた時のものです。

清水 真帆

Fresher's Voice

内定者・新卒若手社員を紹介します

内定者

新卒若手社員

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて