葛島 星哉

Fresher's
Voice

はたらくのカタチを、
「プラスのイメージ」 に変えていく。

働く時間そのものを楽しみ、仕事に誇りを持てるようになりたい

プロセスデザインコース

葛島 星哉
Kuzushima Seiya

明治大学
法学部

Q就職活動について教えてください

A

大学時代はアパレル販売員のアルバイトをしていました。個人販売の意識が強い会社だったため、個人の売上がリアルタイムにわかるような仕組みもあり、アルバイトでありながら他のスタッフと売上を競い合う感覚をモチベーションにしていました。そんな経験があったため、就職活動に関しても最初のうちは何となく営業職を中心に考えていたと思います。
しかし、就活の途中で改めて自己分析を行う機会があり、自分がアルバイトをしていたときに感じていたやりがいについて深く考えてみたところ、私は単純に商品を売ることに面白さを感じていたわけではなく、お客様自身も気付いていないようなポイントに対して提案し、喜んでいただけたときに仕事の楽しさを実感していたことに気づいたのです。そうした自分の志向に気がついてからは、職種を絞ることなく「お客様と対面し、直接リアクションを感じられる仕事」を就活の軸に据えていました。また、アルバイト先の会社で年功序列の文化を目の当たりにしていたため、「若いうちから活躍でき、実力が正当に評価される会社」で働きたいという思いも強く持っていました。

就職活動について教えてください

Q入社を決めた理由を教えてください

A

その後の就職活動に関してはファッションが好きだったこともあって、いくつかのアパレル系企業を検討しました。そのうちにアパレル企業を支えているECやデジタルマーケティングの仕組みに興味を持つようになり、就活の範囲をIT企業に広げていった結果、パーソルプロセス&テクノロジーを知ることになったのです。
私はもともと社会人になることに対してマイナスのイメージしか持っていませんでした。アルバイト先でも「休みがない」「時間がない」「早く帰りたい」という社員の人たちの愚痴を聞いていましたし、一時期はフリーターになろうと考えた時期もあったほどです。そんな私にとってパーソルグループが掲げる「はたらいて、笑おう。」という言葉は、働くことの概念を変えてくれる言葉に思えました。また、選考を通じてお会いした社員の方々の誰もがイキイキとしており、働くことに疲れたような人も見当たりませんでした。パーソルプロセス&テクノロジーはお客様と伴走する姿勢を大切にしており、若いうちから実力を発揮できる環境があることも伺いました。私が就職活動で重視していた軸とも合致していたので、迷うことなく入社を決めることができたのです。

入社を決めた理由を教えてください

Q将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

A

パーソルプロセス&テクノロジーに入るにあたってプロセスデザインコースを選択した理由は、他のコースと比べて仕事の想像がつかない未知の領域だったことが挙げられます。私は新しいことや難しいことにワクワクするタイプなので、大学時代のアルバイトとはかけ離れていることに挑戦したいと思ったのです。
ただし、入社後にどんな仕事をするにしても、自分の中に残っている働くことのへマイナスイメージをプラスにしたいと考えています。さらに言えば、働く時間を削ることでクオリティ・オブ・ライフを高めるのではなく、働いている時間そのものを楽しいと感じ、誇りを持てるような状態にしていきたいです。そのための手段としては「生産性の向上」が挙げられると思いますが、これはあくまでも手段のひとつでしかないと考えています。生産性を上げることによって時間の余裕を作り、その時間を自分の能力を高めるために使ったり、考える時間の比率を上げたりすることで新しいアイデアを生み出すなど、どんなときでも仕事にやりがいと誇りを持って楽しく働き続けたいですね。

将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

学生生活のワンシーン

週に3、4日はスケボーを楽しんでいます。
今はフロントサイドヒールという技の習得に取り組んでいるので、
早くできるようになりたいですね。

葛島 星哉

Fresher's Voice

内定者・新卒若手社員を紹介します

内定者

新卒若手社員

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて