今泉 若菜

Fresher's
Voice

はたらくのカタチを、
「サポート役」 で変えていく。

チームやお客様の「はたらいて、笑おう。」のために成長する

IT事務・サポート(地域限定)コース

今泉 若菜
Imaizumi Wakana

2018年 新卒入社

専修大学
文学部

内定当時のインタビューより

就職活動中に大切にしていた軸は、「企業理念に共感できること」でした。人それぞれバラバラな方向を見るのではなく、何か大きな目標にチーム一丸となって向かっていく方が自分に向いていると思ったためです。そしてもう一つの軸が「お互いに切磋琢磨しあえる環境がある」ということでした。アルバイトや部活、サークルで、人との関わり方を考えた時、私は常に誰かをサポートする立場にいました。パーソルプロセス&テクノロジーのIT事務・サポート(地域限定)コースはお客様、プロジェクト内の社員どちらも支えられるサポート役の仕事であり、自分の強みを活かせる役割であることに魅力を感じました。入社の決め手は、選考中にお会いした社員が、丁寧なフィードバックやアドバイスをしてくださり、一人一人と真摯に向き合ってくれたことでした。パーソルプロセス&テクノロジーなら、私もお客様に対して同じように真摯に向き合い、サポートができると感じ入社を決めました。

今泉 若菜

Q入社後、現在の仕事内容を教えてください

A

現在は、インターネット用のサーバーが設置されているデータセンターで運用業務を行っています。監視業務では、サーバールームの部屋の温度や湿度が基準線を越えないか、機器に異常がないかの他に、お客様から依頼されている定期的なチェックを行い、異常が出た場合はお客様に代わって確認作業を行います。基本的に、手順書に沿って作業を行っていきますが、時には予期せぬエラーが発生することもあります。その際は、お客様や、サービスを利用しているエンドユーザーに連絡をして、指示をいただきながら作業を進めていきます。イレギュラーがたくさん発生し、即時対応依頼が多数重なる日もありますが、チームでフォローし合いながら、確実に業務を進めていきます。地味な業務ではありますが、私たちがミスをすると、お客様が提供しているサービスがストップしてしまったり、お客様のデータが消失する可能性もあるので、非常に緊張感のある仕事です。

入社後、現在の仕事内容を教えてください

Q仕事のやりがいを教えてください

A

ミスやエラーなく一日を終えられた時に大きな達成感を感じます。また、予期せぬエラーが発生した時に、チームで業務を運営できることもやりがいの一つです。障害が発生すると通常業務に加えて、緊急対応をしなければならないことがあり、日次で対応すべき作業などが後回しになることもあります。現在、13名で業務を行っており、誰かが障害対応で大変そうな場合は、他の人が代わりに通常業務を対応したり、チーム全員でフォローしながらプロジェクト運営を行っています。また、仕事の範囲が広がり、日々できる仕事が増えていくことも嬉しいです。通常業務では、実際に業務をする人、その業務を指示しながら見守る人に分かれ、2人1組で確実な作業を遂行します。先日までは指示を受けて作業する側でしたが、現在は見守りながら教える立場になったので、より分かりやすく教えて、確実に業務が遂行できるように考えながら業務を進めています。

仕事のやりがいを教えてください

Qこれからの目標を教えてください

A

入社当初、専門用語が分からず、お客様が言っていることを理解できないこともありましたが、最近は少しずつ理解できるようになり、お客様に聞きたいことを伝えられるようになってきました。今後は、今以上にITの専門性や知識を身につけ、仕事をスムーズに進めていきたいと考えています。また、私自身が成長し、チームに還元していきたいと考えています。先日、先輩社員が業務の合間を縫って全員の仕事を効率化するためのツールを作成していました。今まで私たちが一つ一つ確認して手入力していたデータを、ボタン一つで実行することができ、そのツールのおかげでチーム全員の負荷が軽減されました。いつか自分もチーム全員の仕事の生産性向上ができるツールを作成したいと思います。

これからの目標を教えてください

プライベート

休日は友人と出かけることが多いです。写真は、年末に高校時代の同級生と一緒にやったクリスマスパーティ。レンタルスペースをクリスマスパーティをしました。

今泉 若菜

Fresher's Voice

内定者・新卒若手社員を紹介します

内定者

新卒若手社員

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて