平野 優香

Fresher's
Voice

はたらくのカタチを、
「誰かのために」 変えていく。

決断と成長を重ねて、頼れる自分になり、社会課題を解決する。

エンジニアリング&テクノロジーコース

平野 優香
Hirano Yuuka

立教大学
文学部

Q就職活動について教えてください

A

母が保育士で、妹が介護福祉系の学校に通っている影響を受けて、私も「働くなら誰かのためになるような仕事がしたい」と考え、少子高齢化や労働人口減少など、社会課題解消にむけた取り組みができる人材業界に絞って就職活動をしていました。人材業界で新卒が配属されるのはほとんどが営業職なので、当初は私も人材系の営業職に就くものだと思っていました。しかし、利用していた新卒エージェントの方に「平野さんのお人柄的に、エンジニアも向いているのではないのですか? 文系卒でもエンジニアを目指すことはできますよ」と提案されました。それまで考えたこともなかった選択肢でビックリしましたが、確かにこれまでの経験を振り返るとチームで目標に向かって進んでいくことにやりがいや達成感を感じることが多かったので、営業としてすでに完成されているパッケージ商材やサービスを提供するよりも、自分やチームが作ったものを提供するほうがやりがいを持てるかもしれないと思い、エンジニアに挑戦しようと決断しました。その後は、エンジニアとして社会課題と向き合うことができる会社を探していました。

就職活動について教えてください

Q入社を決めた理由を教えてください

A

「はたらいて、笑おう。」や「はたらくのカタチを変える」というビジョンやテーマを見て、社会課題に対してストレートにアプローチすることができ、かつエンジニアとして価値提供できる会社がパーソルプロセス&テクノロジーだと思いました。ここでなら様々な業界に関わりながら、エンジニアとして成長し、必ず誰かのためになる仕事ができると感じました。
また、面接や面談でお会いした社員の方が魅力的だったのも決め手になりました。皆さんそれぞれに目標や向上心を持っていて、どなたも楽しそうに仕事の話をしていましたし、チームや周囲のことをよく見て、思いやりを持って接しているのを感じました。二次面接で対応してくださった方は「自分の目標は、自分のチームで働いているメンバーが働きやすくなるようにすること」と話していらして、こういう上司の下で働きたいなと素直に思えました。また、私が内定後にコースを迷っていた時も3人の社員の方とお話させていただきましたが、私のためにPowerPointの資料を作成いただき1時間近く説明をしてくださった方もいました。入社するかどうかも分からない一人の学生のためにここまでやってくれるんだと感動して、ここでなら成長していけるイメージを持つことができました。

入社を決めた理由を教えてください

Q将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

A

私は「自立」ができる人間になりたいと考えています。経済的な面での自立はもちろん、その先の精神的な自立も含めて、周囲の人から信頼されたり頼られたりしているのはもちろん、自分でも自分自身を信頼し、頼ることができるようなイメージです。
そのために必要なことは、「自分で決断し、後悔しないよう努力すること」だと考えています。自分がチャレンジしたことを良い結果に繋げられるかは努力次第ですし、もし上手くいかなかったとしても自分で納得できるほど努力したと思えたら幸せだと思います。文系の私がエンジニアとして通用するのか不安も無くはありませんが、それ以上に自分が知らないことを知って、今はまだ持っていないスキルや新たな技術を身に付けて、自分のイメージする「自立」という目標に向けて成長していけることは楽しみでもあります。エンジニアになると決断したことも、パーソルプロセス&テクノロジーを選んだことも、私の決断です。自分の決断に後悔しないようにチャレンジして、この先の時代で求められるような社会人、市場価値の高い人になりたいです。

将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

学生生活のワンシーン

学生時代は学芸員の資格を取得しました。
博物館・美術館について知らないことばかりだったので、視野が広がり良い経験になりました。
写真は台湾での見学実習中の一枚。

平野 優香

Fresher's Voice

内定者・新卒若手社員を紹介します

内定者

新卒若手社員

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて