今泉 若菜

Fresher's
Voice

はたらくのカタチを、
「サポート役」 から変えていく。

自信を持って、頼られサポートできる人間に。

地域限定コース

[ IT事務・サポート部門 ]

今泉 若菜
Imaizumi Wakana

専修大学
文学部 日本語学科

Q就職活動について教えてください

A

私は中学から高校まで6年間、硬式テニス部に所属し、テニスに明け暮れてきました。その中で身につけることができたのは、個人ではなくチーム単位の視点で物事を考えること。そのため、就活の軸としてまず「企業理念に共感できる」ことを挙げていました。部活で団体戦の優勝を目指したように、人それぞれバラバラな方向を見るのではなく、何か大きな目標に一丸となって向かっていく方が自分に向いていると思ったからです。企業が目指す「大きな目標」である「企業理念」にちゃんと共感できる会社を選びたいと考えていました。そしてもう一つの軸が「お互いに切磋琢磨しあえる環境がある」ということ。私がなりたい社会人の姿として、「自信を持っていて頼りがいのある人」があります。そのためには様々な経験を積んで自分自身を成長させたいので、それには切磋琢磨できる環境が大切だと考えました。就職活動を始めた頃は、本が好きという理由で出版や印刷業界に絞っていましたが、あらためて自分自身の軸を考え直し視野を広げた結果、より魅力を感じる企業に出会えることが多くなりました。

就職活動について教えてください

Q入社を決めた理由を教えてください

A

バイトや部活、サークルでの自分の人との関わり方を考えた時、私は常に誰かをサポートする立場にいました。パーソルプロセス&テクノロジーのIT事務サポートコースはクライアント企業、プロジェクト内の社員どちらも支えられるサポート役の仕事。自分の強みを活かせる役割であることに大きな魅力を感じました。でも最終的な決め手は、選考中に接してくださった社員の方々の対応です。フィードバックや次回選考でのアドバイスもしていただき、一人一人と真摯に向き合って接してくださっていることをどの企業よりも強く感じました。ここなら、お客様に対しても同じように真摯に向き合い、サポートができると感じたのです。また、社員の方たちの笑顔やお話の中から、パーソルグループ全体の大きな目標である「はたらいて、笑おう。」という考えが社内全体にしっかり浸透し、共有されていることを感じられたことも大きかったです。

入社を決めた理由を教えてください

Q将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

A

「頼りになる先輩」になることが夢です。今まで自分が吸収したこと、成長したことを後輩に還元して、より良い仕事をつくる一助になれたらいいなと思っています。仕事もプライベートも相談してもらえるような、良い意味で楽な先輩になりたいです。私が選考中に出会った社員の皆さんのように、私自身も「はたらいて、笑おう。」を体現し、目標を失わず、周囲を元気にしながら仕事を進めていきたいです。
また、私が人としてなりたい姿は「自信を持っていて頼りがいのある人」。ピンチを解決できる頼りがいのある社会人になるためにまずは経験を積み、臆せず様々なことにチャレンジしたいと思っています。社内外問わず、困った事があったらまずはこの人に頼ろう、という人になれたら嬉しいです。また、基本的なことではありますが、自分で考え行動するということを、何事にも徹底できるようにしていきたいと思います。

将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

学生時代の1シーン

就職活動が本格化する前に、仲の良い友達とディズニーランドに行った時の写真です。手で作ってる形は、シンデレラ城のてっぺんの三角の部分です。

今泉 若菜

Fresher's Voice

内定者・新卒若手社員を紹介します

内定者

新卒若手社員

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて