宮村 圭一

Fresher's
Voice

はたらくのカタチを、
「人を支えて」 変えていく。

お客様との出会いを大切に、多くの人の支えとなれる人間に。

ビジネスエンジニアリングコース

[ プロセスデザイン部門 ]

宮村 圭一
Miyamura Keiichi

同志社大学
経済学部 経済学科

Q就職活動について教えてください

A

私の就職活動における軸は、「多くの人々の支えとなれる」ことです。私はスキューバダイビングのサークルで「縁の下の力持ち」として運営を担当していました。40名ほどのメンバーのスケジュールや希望を考慮しながらイベントの企画、日程調整、旅行会社とのやりとりなど複雑で細かい調整をし、運営同士協力し合うことで、皆が楽しんで参加して喜んでいる顔を見ることが何よりのやりがいだったのです。「多くの人々の支えとなれる」こと、この軸に沿って企業選びをしていたので、「お客様のお客様」が存在する、いわゆるBtoB企業を主に選考を受けていました。業界は絞らず軸に沿って多くの会社を見ていたので、広い視野を持って企業選びをすることができたと思います。

就職活動について教えてください

Q入社を決めた理由を教えてください

A

選考中の社員の方とのコミュニケーションで、特に印象に残っているのは面接でのやりとりです。他の企業と違って、私自身の弱みやその改善について、同じ目線で真剣に考えてくれました。相手が選考中の学生であっても、課題を見つけ、解決することに尽力するところから、お客様の課題解決を大切にしている社風を感じました。
しかし、最大の決め手はやはり「多くの人々の支えとなれる」こと。アウトソーシングという、お客様とともに働きお客様のエンドユーザーとの接点が持てる働き方は、まさに私の軸と一致していました。お客様との距離が近く、事業のミッションとしてもお客様の「課題解決」を大切にしているので、「支えている」という実感を持ちやすいと感じたのです。「多くの人々を支えられる」BtoBの企業はたくさんありますが、ここまでお客様や、そのお客様のお客様との距離が近く、「多くの人々を支える実感」が得られる企業はそう多くはありません。パーソルプロセス&テクノロジーは、その数少ない企業のうちの一つだと感じ、入社を決意しました。

入社を決めた理由を教えてください

Q将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

A

入社後も、「多くの人々の支えとなれる」という軸を曲げずにたくさんのプロジェクトに挑戦し、多くの人に出会い、より多くのお客様に大きな影響を与えられるよう邁進していきたいと思います。さまざまなプロジェクトに関わるには、私自身が信用に足るビジネスマンにならなければなりません。当分は、「自分自身の価値を高める」ことを目標にはたらきたいです。目の前の仕事に真摯に向き合い、「縁の下の力持ち」として人の支えになれるよう、粘り強くお客様の課題に向き合ってビジネススキルを高めていきたいと思います。「当たり前」ができるようになりさらに難しいことに挑戦していく、その積み重ねを繰り返しながらコツコツと、自分自身の軸の実現のために成長していきます。

将来の夢、入社後に挑戦したいことを教えてください

学生時代の1シーン

私の所属するスキューバダイビングサークルで活動しているときの様子です。真っ青な海を見ると、心がリセットされるようです。

宮村 圭一

Fresher's Voice

内定者・新卒若手社員を紹介します

内定者

新卒若手社員

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて