関口 真司

Fresher's
Voice

はたらくのカタチを、
「自分らしく」 変えていく。

自分らしくはたらくことで、周りも幸せにしていきたい

ワークスイッチコンサルティングコース

関口 真司
Sekiguchi Shinji

2017年 入社

慶應義塾大学大学院
法学研究科 政治学専攻

内定当時のインタビューより

私の就職活動の軸は、自分が世の中に対して感じてきた「違和感を解消できる仕事」でした。多くの人々が、一見すると不幸な境遇にはないのに楽しめていない、幸せじゃなさそうと感じるのはなぜなのか、その違和感の先に、人の幸不幸は、関わりを持つ組織・コミュニティとの関係性で大きく左右されるのではないか、ということに気づきました。そこから「人・組織」に関わる仕事に興味を持ち、「はたらくを楽しむ」というベクトルを持つパーソルプロセス&テクノロジーという会社に興味を持ったのが選考を受けるきっかけです。選考を通して、私に対して「就活生」ではなく「一人の大人」として真摯に向き合ってくれている姿勢を感じ、この会社でなら、周囲と尊敬し合いながら働くことができるとの思いから入社を決意しました。
入社後は、自分が「こうありたい」と思う自分らしい姿と、周囲が自分に対して「こうあってほしい」と思う姿とが、一致する生き方が出来る人になりたいです。自分らしく自由に生きていくことで、自分の周りに価値や経済が生まれ、誰かの幸せにつながる、そんな生き方が理想です。

関口 真司

Q入社後、現在の仕事内容を教えてください

A

現在は、他社の人事業務を受託するアウトソーシング企業で、業務効率化のためのコンサルを行っています。その中でも、私は特に数値分析、シミュレーション担当として「どのような仕事の進め方、価格設定が最適なのか」などの分析全般を任されています。しかし、数値分析は本格的にやったことはありませんでした。この会社に入社してコンサルとしての研修を終えた際、上司から「楽しいかどうかは人によるけど、とりあえずやってみて」とEXCEL関数など数値分析に関する大量の課題を渡されたのです。やってみると、うんうん唸って考えるのが楽しく、上司からは「思ったより出来ている。でもまだまだだね。」と言われ…。この一連の流れの中で、学ぶモチベーションが高まり、分析という業務を非常に面白く感じました。現在のプロジェクトはベテランの先輩社員と私との2名体制ですが、新人、見習いといった扱いではなく「数値分析の専任」としてお客様、先輩とも対等に尊敬し合いながら自分らしく仕事に取り組ませてもらうことができています。

入社後、現在の仕事内容を教えてください

Q仕事のやりがいを教えてください

A

お客様から提供いただいたデータをもとに自分で立てた仮説が業務改善として実際に役立った時が一番嬉しいです。より正確な数値を出すために自分なりに工夫を加え、それが受け入れられ役立った時は、自分がこの仕事をしていて良かったと一番やりがいを感じる瞬間です。
入社前は、「コンサルとしていい仕事をするための成功パターンを早くつかみたい」とか、「コンサルとしてあるべき姿とは…」などと考えていましたが、実際に仕事をしてみて「いい仕事」を生み出すプロセスに正解やあるべきはなく、人やチームによってそれぞれなんだな、と感じるようになりました。私が、自分が面白いと感じる数値分析を任され、その分野で成果を出すことで喜びを感じるように、人によって得意不得意はそれぞれ。だからこそ、一人一人の「好き」や「得意」を組み合わせて組織を創り、メンバー個々が自分らしく「はたらく」に取り組むことが大切なんだと思うようになりました。
社会人になってからも、想像した以上に自由を感じながら、時間も場所も服装も、自分らしくいることができていることに少し驚いています。少しずつではありますが、学生時代に描いていた「自分らしく自由に生きていくことで、自分の周りに価値や経済が生まれ、誰かの幸せにつながる」そのあり方が具体化されてきていることは、本当にうれしいことです。

仕事のやりがいを教えてください

Qこれからの目標を教えてください

A

自分自身が「はたらくを楽しむ」を実現できている今、学生時代よりもさらに強く、「世の中のはたらき方を変えたい」と考えるようになりました。人生の中でも大半を占めるのは「はたらく」時間。だからこそ、誰もがその時間を自分らしく充実して過ごすことができる社会になるよう、自分自身の力を磨き、発揮していきたいです。そのために、ワークスイッチコンサルティングがサービスの軸の一つとして掲げている「ワークスタイル変革」の分野で自分の経験を積んでいきたいと考えています。もっともっと自分らしく、自分の「はたらくのカタチ」も、社会の「はたらのカタチ」も、大きく変えていきたいと思います。
また、仕事を通じて社内外ともに多くの魅力的な方に出会い、「オーラをまとった大人になりたい」という願望を持つようになりました。私の思う「オーラをまとった」とは、一貫した倫理観・哲学を持ちそれが行動で体現されている状態のことです。これからは、さらに自分らしい仕事との向き合い方、あり方を自分なりに見つけて培っていきたいです。そして、その自分らしいあり方、哲学がお客様や同僚にも自然と感じ取れるくらい、自分自身の行動に反映させていきたいと思います。

これからの目標を教えてください

プライベート

休みを取って、落差日本一のバンジージャンプに挑戦してきました。最高の気分転換になりました!

関口 真司

Fresher's Voice

内定者・新卒若手社員を紹介します

内定者

新卒若手社員

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて