松下 祐貴

Fresher's
Voice

はたらくのカタチを、
「課題解決」 で変えていく。

ベテランだらけのプロジェクトに、たった一人で配属された新入社員が感じたことは…

ビジネスエンジニアリングコース

[ プロセスデザイン部門 ]

松下 祐貴
Matsushita Yuuki

2017年 入社

東京理科大学
理工学部 電機電子情報工学科

内定当時のインタビューより

私は、実力で評価される環境で自分自身と関わった人やクライアントの可能性を広げ、課題解決を行っていきたいと考えています。私の将来なりたい姿は、仕事を通じて尊敬される人間。そのためには、今の自分の実力がどれくらいなのか、周りで評価されている人が何でどれくらい評価されているのか、きちんと明確化されている状態が好ましい考えていました。就活中に聞いたパーソルプロセス&テクノロジーの明確な評価制度に納得したこと、「はたらいて、笑おう」の理念と、その実現のために様々な形で課題解決を行っていることに魅力を感じ、入社を決めました。その中でもビジネスエンジニアリングコースは”ヒトを活かしたビジネス”。単に良い仕組みを提供するだけではなく、その仕組みを使ってそこではたらいている人がどうすればモチベーション高く、パフォーマンス高くはたらけるのかを考え、その先をいっしょに目指していくという「組織作り」の考え方にも興味を持ち、プロセスデザインを選びました。
入社後は、最初にお伝えした「仕事を通じて尊敬されるような人間」になるために、1年目から全力で頑張って自分自身をスキルアップさせていきたいです。そして最終的には、自分自身が関わることで、同じ社員でもクライアントでも、視野や可能性を広げられるきっかけ作りができるような、そんな影響力のある人間になることが目標です。

松下 祐貴

Q入社後、現在の仕事内容を教えてください

A

大手通信会社様のVPNサービス開通までの調整業務を行うプロジェクトに所属しています。VPNとは、バーチャル・プライベート・ネットワークの略。距離の離れた拠点同士を仮想ネットワークでつなぎ、拠点が離れていても同じ社内システムを利用したりファイルやデータ共有をすることができる仕組みです。最近では、拠点同士をつなぐだけでなく、外出の多い営業の方がいつでもどこからでも社内ネットワークにアクセスして生産性の高い働き方を促進したり、自宅でもオフィスと同じ環境で仕事ができるようにすることで在宅ワークの推進をはかるなど、「はたらくのカタチ」を変えるためにもなくてはならない仕組みとなっています。このVPN利用申し込みを頂いたユーザー様の、申し込みから開通までの一連の流れをコントロールし、関係各所との交渉や全体のスケジュール管理、すべてを掌握して開通まで導きユーザー様の「はたらくのカタチ」を変えていくのが、私たちのミッションです。
VPNの申し込みから開通まで…というとシンプルに聞こえますが、実はそこまでのプロセスで関わる人、部署、そしてとるべきアクションや調整業務は非常に多岐にわたります。回線の発注、ネットワークの作成、ルーターをユーザー様にお届けし、設置するための工事の完遂まで、それぞれの専門部署、関係者と連携を取り、複雑に絡み合う様々な要素にヌケモレなく納期までに完遂するのが私たちの役割です。

入社後、現在の仕事内容を教えてください

Q仕事のやりがいを教えてください

A

私のいるプロジェクトは、私以外は全員中途入社で、経験も知識も豊富なベテランばかりです。新入社員研修時の配属発表で「新卒としてたった1名で配属される」と聞き、クライアント様からのご期待や求められるレベルの高さを思って身が引き締まりました。実際に業務に入ってみると、想像通りレベルが高く、初めはとにかく苦労しました。何をするにも先輩に聞き、クライアント様に確認し…そうした経験を積みながら少しずつ自分一人でできる業務が増えていくことは、何よりのやりがいです。これだけレベルの高いプロジェクトに新卒で受け入れてもらった期待に応えたいと、日々全力で仕事に向き合う毎日です。
プロジェクトメンバーは10名。私自身まだ入社1年目ですが、ビジネスパートナーの方の育成やマネジメントの一部も任されています。こうした経験からは、「学びをアウトプットする」ことの大切さも学びました。目の前の業務をミスなくもれなく納期通りに完遂していくだけでは、クライアント様のご期待に応えられている状態とは言えません。私たちに求められているのは「プロセスデザイン」。一人一人の学びや技術、経験をアウトプットし体系化することで、これだけ難易度の高い業務であっても「誰がやっても同じ高い品質で仕事ができる」仕組みを作り、組織をマネジメントしていくことを意識して業務に取り組んでいます。

仕事のやりがいを教えてください

Qこれからの目標を教えてください

A

場所を問わず、成果を残せる人間になりたいです。
現在のプロジェクトではまだまだ苦労することもありますが、業務上での課題や「こうしたら良くなるのではないか」という解決案も少しずつ見えてきました。たった一人の新卒メンバーであるからこそ、今までの先輩社員と違う視点でプロジェクト全体を見ることができるのは強みでもあるかもしれません。新入社員研修で学んだ業務改善のためのプログラミング言語「VBA」をうまく利用して解決できそうな課題もあります。これからは少しずつ、プロセスデザインに視野を移し、プロジェクト全体の課題解決、品質向上と組織作りに取り組んでいきたいです。
そしてその先は、首都圏だけでなく地方でも仕事を創り価値発揮をしていくことも目標です。「はたらくのカタチ」を変えていくのは自分自身。様々な経験を積み、+αの価値発揮、課題解決をしながら、自分自身の能力を向上させ、尊敬される人間、周りに良い影響を与える人間になりたいと思います。

これからの目標を教えてください

プライベート

地方に行くのが好きです。
写真は、長野でのイベントの1枚です。

松下 祐貴

Fresher's Voice

内定者・新卒若手社員を紹介します

内定者

新卒若手社員

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて