GO TOP
ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト
ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト 地域特性・拡張性を考慮した運航管理システムの地域実証事業スタート 参加企業・団体募集

ドローンが社会実装された未来へ

現在ドローンは安全性、各種申請から運航管理システムへの接続、運営方法等のガイドライン化、運航管理システムなどの技術観点から、ドローンが社会実装されるまでにはクリアすべき課題が沢山あります。
一方、現代の日本は労働人口の減少、小口輸送の増加などを起因とするCO2増加、過疎化による地方都市、山間部の災害対応などが喫緊の課題とされており、ドローンによる省エネルギー化が求められています。
日本では、さまざまな課題を解決し、ドローンを活用した安心、安全な社会を目指すため、国立研究開発法人であるNEDOにて、「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」が始動しています。

※NEDO(持続可能な社会の実現に必要な技術開発の推進を通じて、イノベーションの創出を目的とする国立研究開発法人)

公募採択企業一覧

福島県南相馬市
福島県南相馬市

広域な被災地の情報収集(写真・動画情報、SfMによる地域のオルソ画像化、LiDARによる地域の3Dモデル化)、空からの音声による避難誘導(被災者の避難誘導)、および孤立集落等への緊急支援物資搬送を行う。

株式会社NTTドコモ
石川県白山市

赤外線および可視光カメラによる熊の監視、および災害時の緊急物資と平時の小口物資輸送や、屋根点検、観光空撮を想定して金沢工業大学の白山麓キャンパス敷地内を目視内で飛行する。

株式会社オーイーシー
大分県

水田の農作物育成状況確認や農薬散布、害獣の侵入状況確認、湖近辺や山間部における人命捜索、地域特産物や災害救助用品の輸送、橋梁やダムの調査点検、農業文化公園全体の測量、各地域の土砂崩れや道路状況などの調査確認を行う。

株式会社そらや
長崎県五島市

有人島への物資輸送、海水浴場や海上での海難事故の発見と捜索、漂着する海ゴミ調査、および農地作付け状況の確認を行う。

BIRD INITIATIVE
株式会社
北海道稚内市

病院・薬局と連携し患者宅に近い診療所でのオンライン診療・服薬指導と処方箋医薬品配送、食品や日用品の配送、海獣(アザラシ)の個体数把握と捕獲および追い払い、密漁の監視を行う。

株式会社セレス
宮崎県東臼杵郡美郷町

町有林における再造林地の苗木・獣害防護柵・土砂崩れ等の点検、隣町境界部の林道が未整備の町有林における森林資源量調査、山奥に居住する高齢者宅への医薬品や食料等配送、町内に点在する米の作付け場所への農薬散布等を行う。

株式会社
A.L.I.Technologies
高知県高岡郡四万十町

町備蓄の感染対策グッズ・軍手・応急手当セット等の輸送(町役場から核となる避難所等へ)、川の氾濫や土砂崩れの危険性を有する山間集落の空撮による現状把握、および山間地域に点在する集落を結び生活必要物資の定期配送を行う。

株式会社
イーシーセンター
静岡県富士市

災害時に孤立が予想される地域の集落や道路状況の確認および物資配送、富士市須津渓谷大橋の橋梁点検、大規模災害時に液状化が予想される地帯(富士市浮島地区および伝法地区)の状況確認を行う。

新明和工業株式会社
長崎県対馬市

対馬の海岸空撮による海岸漂着ごみ調査、および対馬沿岸の海上空撮による漂流物調査を行う。

名古屋鉄道株式会社
岐阜県美濃加茂市

水害直後の迅速な情報収集(映像中継および写真撮影、レーザ地形計測)、災害対策本部への情報提供、および水害孤立避難所への救援物資輸送を行う。

download

ロボット・ドローンが活躍する
省エネルギー社会の実現プロジェクトとは

「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」では、ドローンやロボットの活用による省エネルギー化の実現が期待されている物流やインフラ点検、災害対応等の分野において、これらの開発を促進するとともに、社会実装するためのシステム構築及び飛行試験等を実施しています。

features

運航管理システムの地域実証事業について

「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」の一環として、ドローンの運航管理システムの実用化に向け地域実証を行います。地域実証実施にあたり、計画や対応に必要となる情報をまとめたガイドラインをご提供し、運航管理システムを活用したドローンによるユースケースを検証し、ドローン並びに運航管理システムの導入メリットを選定・公開する事で社会実装への一躍となる事を目的とした実証事業です。

  • 試験運用で想定されるユースケース
    物流、警備、災害対策、空撮、測量、点検、農業などの実用的な利用
  • 実施場所
    日本国内の山間部、平野部、離島など
  • 運航管理システムの技術検証
    運航管理統合機能(FIMS)、運航管理機能(UASSP)へ接続した技術検証
  • 無人航空機の持続可能な運航方法の検証
    地域課題の解決に向けたユースケースの設定、検証
download

運航管理システムの地域実証事業に
参加するメリット

プロジェクト参画のための支援

これまでドローンと運航管理システムの接続経験がない企業・団体に積極的に参画いただくため、 本プロジェクトでは、事前に運航管理システムへの接続支援、および本事業実施に必要となる情報をまとめたガイドラインを提供いたします。

費用

地域実証実施に係る費用に限り、NEDO委託費の範囲で本事業にて負担いたします。 運航管理統合機能(FIMS)への接続、およびKDDI株式会社が提供する運航管理機能(UASSP)への接続にかかる利用料などの費用負担はございません。

実用化に向けた成果と課題を可視化

ドローン利活用の際のメリット・課題・コストの明確化が可能となります。 政府が推進する「空の産業革命に向けたロードマップ2020」で示された「有人地帯での目視外飛行(レベル4)の実現に向けた実証実験に早期に参画することで運用ノウハウを得られます。

features
features

「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」が進めるドローンの運行管理システムについて

ドローンの運航管理システムは、複数の無人航空機システム(UAS)を運用するオペレータ(UASO)間の飛行経路のコンフリクト等を調整する運航管理機能(UASSP)、UASSPの申請を承認してUASSP間のコンフリクトを調整する運航管理統合機能(FIMS)、さらにはUASSPやFIMSに気象情報や地図情報、通信用の電波情報等を提供する情報提供機能(SDSP)で構成されるアーキテクチャを検討、機能開発が行われてきました。

本研究のコンセプト図

コンセプト図

ドローン運航者(UASO)がUASSPを利用またはFIMSに直接つなぐことにより、無人航空機に関する情報の一元管理が可能になります。この情報の一元化で、事前の飛行ルートの調整や衝突回避が可能となり、同一エリアで荷物の配送やインフラ点検、警備といった複数のオペレータが異なる用途(平時)で無人航空機を安全に運用することができます。

about us

参加企業・団体の募集について

ドローンの運航管理システムの実用化に向けた地域実証に参加いただける企業・団体を募集します。

ドローンの運航管理システムの実用化に向けた地域実証に参加いただける企業・団体運航管理システムを全国に普及させるため、これまでに運航管理統合機能(FIMS)や運航管理システム(UASSP)に接続したことの無い自治体・事業者等からの提案も積極的に採用します。

  • 募集事業名
    地域特性・拡張性を考慮した運航管理システムの実証事業(地域実証)
  • 事業期間
    2021年4月から2021年内(予定)
  • 公募開始
    2021年2月15日~3月12日

参加企業・団体の体制について

運航管理統合機能(FIMS)へ接続し検証を行うこと、また社会実装を想定したユースケースの検証を行うことから、実証地域においてドローンの社会実装を想定した自治体と複数の事業者による共同提案が望ましいと考えます。

features

お問い合わせ

  • ppt-sky_region@persol.co.jp

お問い合わせはメールにて承ります。
必要情報をご記載のうえ、上記までメールを送付ください。

  • 件名:実証事業問い合わせ
  • 本文:会社名(自治体名)、氏名、電話番号、メールアドレス、問い合わせ内容

いただいた個人情報のお取り扱いについて
本事前登録及びお問い合わせでいただく個人情報は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構に帰属します。
NEDOプライバシーポリシー


パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
ビジネスエンジニアリング事業部ICTアウトソーシング統括部ドローンソリューション部
地域実証公募事務局

※本事業はNEDOからパーソルプロセス&テクノロジー株式会社が事務局業務を受託運営しております。
PAGETOP
PAGETOP