お問い合わせ

未来の「はたらく」を変えるのではない。
「はたらく」を今変えていく、RPA。

RPA(Robotic Process Automation)とは

「RPA」とは、ロボットによる業務自動化の取り組みを表す言葉です。「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言い換えられ、人間の知能をコンピューター上で再現しようとするAIや、AIが反復によって学ぶ「機械学習」などの技術を用いています。人間と同じような操作をRPAで置き換えできるため、通常必要となるプログラムの開発を必要とせず、人間の補完として既存業務を遂行することができます。

RPAの得意領域

RPAは事務処理業務全般と親和性が高いため、人事、経理、営業、調達などの「ホワイトカラー業務」に適しています。意思決定が必要なく、定型化されている業務であれば、人間が行う業務の処理手順を操作画面上から登録しておくだけで、ソフトウェアはおろか、ブラウザやクラウドなどさまざまなアプリケーションを横断して処理することが可能です。

RPAの利用イメージ

人間の操作を記録し、様々な事務処理業務を代行します

利用イメージ図

定型業務・ルーチンワーク

ルーチンワークを複数人が手分けして行っている

利用イメージ図

定型業務・ルーチンワーク

システム変更せずにRPAに作業を引き継ぐことができる

定型業務 照会応答、入力処理、データ収集
10人必要 2人+ロボ マニュアル対応出来る業務の自動化

ビジネスへの効果

人手不足の解消
コスト削減(人員、残業)
標準化による品質担保

RPA導入支援サービスは「ヒト」「プロセス」「IT」を軸とした、業務効率化支援サービスです。アセスメント、RPAツール選定、導入、定着支援、モデル化によって人事や経理、営業事務などのバックオフィス業務の効率化のご支援をいたします。さらに、RPAで自動化できない人的業務に対して、アウトソーシングのご提案も可能です。

「 ヒト 」…RPAの知見をもった人材がサービス提供を行います
「 プロセス 」…RPA導入に適したワークフローをご提案いたします
「 IT 」…特定のツールに偏らず、ご状況や環境に最も適したRPAツールをご提案いたします

RPAについてのご相談はこちらから お問い合わせ

RPA導入支援サービス

RPAソフトウェアによって異なる特徴と利用用途に応じた選択肢
RPAの導入から開発、サポート、保守まで一気通貫で対応いたします

導入検討
準備
  • PoC(概念検証)
    導入可否診断
  • 業務可視化やRPA導入対象となる業務の洗い出し、
    実際に導入可能かどうかの検証(PoC)、導入診断等をご支援
  • ロボット開発研修
  • ロボットを自社開発できるようになるための人材育成研修のご提供
  • 業務分析・
    可視化コンサルティング
  • 事前に現行業務の整理や可視化が必要な場合、
    業務を分析しRPA導入対象業務特定をご支援
開発
  • ロボット開発支援
  • RPA導入対象となった業務に対するロボット開発
運用
  • ロボット運用支援
  • ロボットの安定運用のため、管理体制の構築支援や不具合の修正対応、
    全社展開に向けたPoCの実施等

短期間、低コスト、業務基軸でRPAの導入を支援いたします

最短1ヵ月からの短期間導入
RPA体感の機会を損失しないよう短期間で導入

最低120万円からの低コスト導入
必要最低限の項目に絞ることでリーンスタートアップを実現

20年間の業務実績に基づく業務基軸導入
ITアウトソーシング、BPOで培ってきたノウハウを活用

連携ツール

WinActor

WinActorは、人がWindowsPC上で行う様々な操作を、「シナリオ」として記録・編集し、その「シナリオ」をPC上で動作させることで、人が行う煩雑な操作、大量データを扱う操作などを正確に再現するソフトウェアです。

WinActor

ベーシックロボは、膨大な情報の収集、タイムリーな処理を求められる業務や、ファイルからシステムへの転記・確認といった定型業務に力を発揮します。「ロボ構築のしやすさ」「運用サポート」「拡張性(ロボ作り放題、管理機能)」に優れています。

RPAについてのご相談はこちらから お問い合わせ

PAGE TOP